未分類

1/23ページ

町屋さくらは補助金で存続を…移動の権利保障は区の責任です

2月14日から区議会2月会議(3月15日まで)が始まりました。横山幸次区議は、日本共産党区議団を代表して質問にたちました。その内、多くのみなさんから署名をはじめ存続の声が寄せられている「町屋さくら」に関する質問や区の答弁などお知らせします。 10年運行の「町屋さくら」はなくてはならない住民の足 代替え手段も示さない廃止強行は住民切り捨てです! 10年間運行してきた町屋さくらは、買い物、通院、町屋な […]

日本共産党荒川区議団は、新型コロナ感染拡大第6波から区民の命、暮らしを守る緊急申し入れを行いました

日本共産党荒川区議会議員団は、1月24日、西川区長に対し、新型コロナ感染拡大第6波から区民の命、暮らしを守る緊急申し入れを行いました。 区内でもオミクロン株の急速な感染が広がっています。子どもたちの感染も広がり、小中学校の学級・学年閉鎖、保育園の休園などという事態も生じています。リスクの高い高齢者・障害者施設・事業所での感染も確認されています。事実上のクラスターとなっているところもあります。PCR […]

1月4日 日本共産党荒川区議会議員団が町屋駅で新春宣伝

1月4日の朝、2020年を迎えて日本共産党荒川区議会議員団全員で宣伝を行いました。憲法を暮らしと政治に生かし、区民の声で区政を動かす立場を貫いてまいります。また参院選に向けても市民と野党の共闘の発展を揺るがず追求し、東京で二期目挑戦の山添拓、比例代表で日本共産党の躍進で国民の声が届く政治の実現に力を尽くします。 新年おめでとうございます 長期に渡るコロナ感染の中、新しい年を迎えることになりました。 […]

広がるコミュニティバス「町屋さくら」存続の声…誰もが自由に移動できる魅力ある街へ

移動の自由保障は区の大事な仕事、区は存続へ補助金投入の決断を 町屋さくらは運行10年 京成バスからコミバス『町屋さくら』の運営を3月31日で終了すると申出がありました。 町屋駅や通院・買い物に、ご高齢のご両親が来訪、子どもの塾通いと様々な方が利用しています。 廃止で区民生活にどんな影響が出るのか、利用実態を把握しないまま荒川区は廃止に同意してしまいました。 16区は赤字補てんで運行 台東区は、実地 […]

来年度予算要望・497項目を区長に提出、みなさんの声を届け、実現にむけて全力!

12月17日、日本共産党荒川区議会議員団は、重点要望13項目、区民生活全般関わる497項目の来年度予算要望を提出しました。区は、北川副区長が対応しました。 長期にわたる新型コロナウイルス感染で、区民の健康と命、暮らしと生業は、深刻な影響を受けています。 またオミクロン株感染の広がりもあり、最大限の警戒と第6波に向けた備えが何よりも重要となっています。また、こうした中、国などの支援策が届かない多くの […]

1 23