横山幸次です

更新情報

プロフィール

photo

photo

1951年 山口県生まれ。

働きながら中央大学夜間部法学部政治科を卒業。
1985年から不破哲三衆議院議員秘書7年。
区議団幹事長、団長など歴任。

1995年から区議7期目。

現在は区議会文教・子育て支援委員会理事、
震災・災害対策調査特別委員会委員長、
議会運営委員会理事。

現日本共産党荒川区議団幹事長。

議会報告・政策

区政

だれもが大切にされ、住み続けることのできる荒川区をめざして

荒川区政の現状と区民の暮らし・命を守る政策・提案

議会報告

2017年 9月会議 横山代表質問

photo

横山区議・質問の骨子

1.核兵器廃絶に向けた取り組み
2.高齢者の暮らしと尊厳を守ることの
 できる第7期高齢者プランの策定を
3.国民健康保険広域化への対応について
4.どの子にも豊かな成長のための環境
 整備と子どもの貧困対策について
5.図書館のいっそうの充実をめざして
6.地域防災計画の改定について
7.区の住宅政策について
8.区内産業振興について

議会質問はこちらから(要旨)

横山ニュース

ブログ

横山幸次のかけある記

日本共産党荒川区議団は、PCR検査拡大などを柱にした「新型コロナウイルス感染拡大の危機的状況に際しての緊急申し入れ(第8次)」を行いました。

8月4日(火)、日本共産党荒川区議団は、西川太一郎区長に対し、新型コロナウイルス感染拡大の危機的状況に際しての緊急申し入れ(第8次)を行い、佐藤副区長が応対しました。以下、申し入れ書の内容をお知らせします。 新型コロナウイルス感染拡大の危機的状況に際しての緊急申し入れ(第8次) 荒川区長 西川太一郎 殿 新型コロナウイルスの新規感染者が東京だけでなく全国各地で過去最高を記録するなど、感染拡大は、危 […]

●旧ブログはこちらです。